説明出来ない面白さ。「ポプテピピック」

もともと、大川ぶくぶ先生の原作マンガを愛読していました。
自らを「クソマンガ」と名乗る、この作品。
可愛い絵柄と合わない過激な台詞、シュールな内容。
そして、怒涛のパロディ。
アニメ化すると聞いた時は、
「マジか」
と耳を疑いました。
あちこちから、怒られないかと。

そして、見事にやってくれました。
原作を更にアニメ向きに、思い切り振り切って映像化してくれました。
まず、同じ内容を声の担当を変えて、二回流すという不思議な構成。
しかも大御所で、皆が
「あっ!」
と驚くキャストで。
一例を挙げると、「ドラゴンボール」でフリーザとセルを演じたお二人の回もありました。
しかも二人が演じたのは、中学生の女の子たち。
もう、顔と声のギャップが凄くて大笑いです。
ネットでも
「フリーザさまとセルが!」
と、リアルタイムで大反響。
前半の、女性が演じたバージョンとの違いも楽しめました。
しかも放送まで、誰が出演するのか分からない。
「次はこの人とこの人に出演して欲しい」
など、そちら方面でも大いに盛り上がりました。

他にも、実写を挿入したり、砂を用いたサンドアートを使ったり。
フェルト人形のコマ撮りアニメ、「か○や姫の物語」のパロディなど、実験的な表現もたくさんありました。
「次は何が出てくるかな」
「次は、どんな内容かな」
と、いつもワクワクしました。

オープニング、エンディング映像も凝っているし。
そうそう、毎回の次回予告が、実際の内容とかけ離れた作品なのも……。
「虹色ガールドロップ」という、謎作品の予告が毎回流れていました。
大人が全力で、時間とお金をかけた悪ふざけ……。
そんな、訳の分からないところが好きでした。
理屈を考えずに、頭を空っぽにして観て欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です