ガルパンはいいぞ~! ガールズアンドパンツァー

世界観。このアニメの魅力はその独特な世界観によって確立されています。
女子高生と戦車という一見するとミスマッチの二つがバッチリをハマった傑作ですっ!
「ま~た目の大きい女の子のアニメでしょ?」と馬鹿にしていた時期が私にもありました。確かにありました!ちょっと今から過去の自分に75mm砲撃ち込んできます!
友人にほぼ無理矢理進められて観せられた本編――まずその圧倒的な世界観に驚かされます。
というか……おかしいだろコレっ!と思わず叫んだ。
戦車とは【乙女の嗜み】とか意味不明な事を言っているかと思えば、「男子と戦車ってなんかミスマッチ~」とか言われる始末。
そして学園モノなんだな~っとぼんやり観ていると……空母の上だった。
海の上?学園――艦ってなんだよ!と空母甲板の上に都市が存在しとるのだ。
一校が一艦の上にあり、戦車道大会が開催されています。
華道・茶道・戦車道が横並び……ガルパンの世界観がグイグイ押してきます。
鉄の塊の戦車を女子高生が走らせぶっ放し、あまつさえ整備までしちゃいます。この世界の自動車部ってどこまでハイスペックなんだよ。
そしてなにより驚くのが、その戦車の戦闘シーンです。
走行して撃つ。戦闘機の様に三次元移動出来るわけでも、魔法戦闘の様に光り輝き天高くジャンプする訳でもありません。ですが……圧巻です。
強者になればなるほど、その挙動や戦闘能力に磨きがかかり、たしかにアニメならではの馬鹿げた表現ではあるのだけれど、これに近い事はリアルでも出来るんじゃなかろうか?と思わせる程度の代物だから尚良いのです。
特殊能力なんてありません。戦車は分身もしなければ覚醒して性能が数倍に跳ね上がる事も無い。壊れやすい部品は壊れやすいし、遅い戦車はそのまま遅い。
だからこそ妙に説得力を持ってガルパンの世界が迫ってくるんです。
そしてこの世界で最強の素材はカーボンです。
砲弾の直撃受けようが吹っ飛ばされて転がされようが、特殊カーボンがあれば大丈夫っ!というミラクル素材。
ガルパンの一番のファンタジー要素はこのカーボンに詰まっていると言っても過言ではないでしょう。

まだ観ていない人は一度でいい。1話だけでも最後まで観て貰いたい。
必ずとは言わないが、結構な確率で2話目も観たくなるはずです。そうしたら……いらっしゃい。ガルパンの世界へようこそ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です